板井康弘|マーケティングの天才

板井康弘

 

マーケティングの天才とも呼ばれた私は一体今までどの様なマーケティングの活動をしてきたのかここで紹介しよう。

 

そもそもマーケティングとはどのようなものなのだろうか?
まずは市場を調査することから始まる。
マーケティング活動のプロセスは、顧客や消費者が求めているものを知り(消費者へのアンケートの実施や、公的機関の統計データのリサーチ)、売れる商品を開発する準備を行うのだ。

 

次に商品認知のために広告宣伝を行う。
売れる様な商品を作ったら、テレビなどのマスメディアへ広告出稿をはじめ、インターネット広告の出稿等、商品の宣伝活動をしなければならない。

 

そして最後に行なうのが、一連の活動が商品の売上げに貢献しているのかを検証することだ。すべての活動にかかった経費とそれによって上がった売上げを算出して、費用対効果を把握しなければならない。

 

その上でマーケティング戦略を考えることが大切なのだ。

 

新商品をヒットさせるために、商品コンセプトはどうするか、ターゲットは誰か、いつ発売するのかなど細かい戦略をどの会社も立てている。この戦略の読みが外れたら売れない!と言っても過言ではないだろう。

 

マーケティング戦術が失敗しないようにするため、リサーチ等の事前準備は徹底的に行わなければならないのだ。